福祉のお仕事 届出者マイページ利用規約

福祉のお仕事 届出者マイページ利用規約を読み、同意された方のみ、ページ下の上記の内容に同意するボタンを押して登録ページにお進みください。
福祉のお仕事 届出者マイページ利用規約に同意される場合には、事前にプリンタで打ち出し保管することをお勧めします。

定義

以下の規約(以下、本規約という)は、福祉のお仕事 届出者マイページサービス(以下、本サービスという)をご利用の際の条件を定めたもので、本サービスをご利用になるすべての方(以下、利用者という)に適用されます。利用者となられる方は、本規約の内容をよく読み、ご理解およびご承諾の上、本サービスをご利用ください。

本サービスの運営主体

本サービスは、社会福祉法人全国社会福祉協議会・中央福祉人材センター(以下、中央福祉人材センターという)が、都道府県福祉人材センター・バンクの協力を得て運営するものです。

本サービスについて

本サービスは、社会福祉法等に基づき、離職した介護福祉士、保育士等の支援を行うことを目的として提供されます。

本サービスは、届出者マイページの利用登録(届出者がログインID及び届出者情報を登録する行為)(以下、利用登録という)を行うことによって受けることが可能となります。利用登録時に提供された情報を除く本サービスを構成するすべてのプログラム、ソフトウェア、デザイン、画面情報、商標、ロゴ等に関する知的財産権(著作権・商標権を含むが限られません)その他の権利は、中央福祉人材センター、都道府県福祉人材センター・バンクもしくは、中央福祉人材センター、都道府県福祉人材センター・バンクにその使用を許諾したものに帰属するものとします。

なお、本サービスは以下のとおりです。

  1. 情報配信を希望する都道府県福祉人材センター・バンクの登録及び登録にもとづく届出者マイページへの情報配信ならびにメールによる更新通知の送信
  2. 福祉のお仕事に登録している事業所および求人票の検索
  3. 都道府県福祉人材センター・バンクへのインターネットによる求職票の登録(以下、ネット求職登録という)(別途利用規約への同意が必要です)

以下は、(3)ネット求職登録後にご利用いただけるサービスです。

  1. 求人票への応募、都道府県福祉人材センター・バンクへの紹介依頼
  2. 事業所からのスカウトへの回答(別途利用規約への同意が必要です)
  3. 保存を希望する求人票の届出者マイページへの登録
  4. 就職希望条件の登録及びその条件にもとづく求人票自動検索結果の届出者マイページへの情報配信ならびにメールによる更新通知の送信

利用登録について

  1. 本サービスは、介護福祉士、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、旧ホームヘルパー養成研修1級・2級課程、旧介護職員基礎研修のいずれかの資格を取得済みの方が登録することができます。また、保育士については都道府県福祉人材センターがサービスを実施している都道府県に居住する方のみが登録できます。
  2. (1)の資格を取得済みで本サービスの利用登録を希望される方は、本規約を承諾の上、本規約下部の上記の内容に同意するボタンを押し、自らの意思と責任をもってログインID及び基本情報を登録、送信することにより利用登録の申込み手続きといたします。
  3. 申込手続きを行うと、ログインIDとして登録したメールアドレス宛てにメールでその旨を通知します。当該メールに記載されたURLからパスワードを登録し、利用登録の完了といたします。
  4. 登録した届出者情報は、氏名、現住所(都道府県名以外)、電話番号、FAX番号、メールアドレスを除き、届出者マイページの利用状況を把握する統計に利用します。統計には、集計時点の情報を用いるため、登録情報に変更が出た場合には更新をお願いいたします。
  5. ログインIDには有効期限はありません。

利用者の責任

  1. 利用者は、自らの意思により届出者マイページに登録するものとし、その際に中央福祉人材センターがお知らせする方法に従って本サービスを利用するものとします。
  2. 利用者は、自らの意思及び責任をもって本サービスを利用するものとします。
  3. ログインIDおよびパスワードの管理は、利用者の責任において行います。また、利用者以外のログインIDおよびパスワードの使用、譲渡、貸与はこれを禁止します。
  4. 利用者は、本サービスに登録した情報をいつでも変更・追加・削除することができます。
  5. 利用者は、利用登録の解除による退会(以下、退会という)を希望する場合には、住所地の都道府県福祉人材センターに申し出ることができます。退会後、再度本サービスを利用することを希望する場合であっても、退会とともに退会前の登録情報は利用できません。

必要な情報を提供しなかった場合に生じる結果について

利用登録の際、または、本サービスの利用に必要となる項目を入力いただかなかった場合には、各々のサービスを受けられない場合があります。

サービス内容の変更・停止

本サービスの内容は、設備保守、天災等の不可抗力、その他の理由のため、中央福祉人材センター、都道府県福祉人材センター・バンクは何ら責任を負うことなく、サービスの一部もしくは全部の内容変更、又は停止することがあります。

サービス内容の変更・停止の予告

前条により本サービスの内容の変更・停止する場合には、中央福祉人材センターが相当な方法によって、事前に利用者にその旨を通知します。ただし、予測が不可能な場合や緊急の場合はこの限りではありません。

利用者負担

本サービスを利用するために必要な機器等の調達や通信のための費用は、本サービスの利用者に負担いただきます。

本サービスの内容に関する免責

通信上の不具合や機器等のトラブルで本サービスを利用できない状態になった場合、中央福祉人材センター、都道府県福祉人材センター・バンクは一切責任を負いません。また、中央福祉人材センター、都道府県福祉人材センター・バンクは、その理由の如何を問わず、本サービスを利用したことにより発生したいかなる損害に対しても補償いたしません。

紛争の解決

利用者は、本サービスを利用することによって、第三者との間において紛争が生じた場合、自己の費用と責任においてこの解決にあたるものとします。

禁止事項

利用者は、その利用に際して以下の行為をしないものとします。

  1. 意図的に虚偽の情報を登録する行為
  2. 登録情報の全部または一部について、自己以外の情報の登録を行う行為
  3. 著作権、商標権、プライバシー権、氏名権、肖像権、名誉等の他の利用者、第三者または中央福祉人材センター、都道府県福祉人材センター・バンクの権利を侵害する行為又はそのおそれのある行為
  4. 法令、公序良俗に反する又はそのおそれのある行為
  5. 個人や団体を誹謗中傷する行為
  6. 本サービスを利用して営利を目的とした行為
  7. 本サービスを通じて得た情報等を複製、販売、出版その他利用目的の範囲を超えて使用する行為
  8. その他本サービスの運営を妨げる行為

利用の中止

中央福祉人材センターは、届出者マイページ利用者が本規約に違反したと判断した場合、当該届出者マイページ利用者に事前に通知することなく、本サービスの全部または一部の利用を中止することができるものとします。なお、その場合、利用の中止に伴う一切の不利益に関して、中央福祉人材センター、都道府県福祉人材センター・バンクは責任を負いません。

準拠法・裁判管轄について

本規約の準拠法は日本法とします。また、本サービスまたは本規約に関連して、中央福祉人材センター、都道府県福祉人材センター・バンクと利用者の間で生じた紛争については、東京地方裁判所を第一審専属管轄裁判所とします。

利用規約違反について

利用者が、本利用規約に違反するような行為等を発見された場合には、中央福祉人材センターまでご連絡ください。

個人情報の取り扱い

個人情報とは、利用者個人に関する情報であって、その情報を構成する氏名等の項目により個人を識別できるものをいいます。

本サービスに利用登録した個人情報について

  1. 利用目的
    1. 利用者がログインIDとして登録したメールアドレス宛てに、本規約3. (1)、(3)、(4)、(5)、(7)のサービスにもとづくメールの送信。
    2. 中央福祉人材センターが実施する統計やアンケートへの協力、記事作成等における取材への協力を依頼することがあります。
    3. 再就職準備金貸付事業を利用する際の貸付要件である本届出の確認。
  2. セキュリティ対策
    • 届出者マイページでは、運営上、システム上、個人情報の漏洩防止のための暗号情報技術等セキュリティ対策を講じます。
  3. 個人情報を提供しなかった場合に生じる結果について
    • 本サービスにおいて、必要となる項目を入力いただかない場合には、各々のサービスを受けられない場合があります。
  4. 個人情報に関する免責事項
    • 個人情報に関して以下の場合は、中央福祉人材センター、都道府県福祉人材センター・バンクは何ら責任を負いません。
    1. 利用者自らが、本サービスを利用して個人情報を明らかにする場合
    2. 福祉のお仕事からリンクされる外部サイトにおいて、利用者本人より個人情報が提供され、またそれが利用された場合
    3. 利用者情報として登録されたログインIDおよびパスワードと現実に入力されたログインIDおよびパスワードが一致することが、本サービスの所定の方法により確認され、当該利用行為(なりすまし行為の場合を含みます)により損害が生じた場合
    4. インターネットカフェ等、不特定多数の者が使用する端末を利用して本サービスを利用し、当該端末に保存された個人情報が漏洩した場合

個人情報の提供

利用者の個人情報について、次にあげる場合を除くほか、利用者ご本人の同意を得ずに第三者に提供することはありません。

  1. 法令に基づく場合
  2. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
  3. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
  4. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託をうけた者が法令に定める事務を遂行することに対して協力する場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
  5. 再就職準備金貸付事業の申込みに際し、貸付要件である届出の事実の確認のために、他の都道府県社会福祉協議会から照会を受けたとき。

プライバシーポリシーの変更

プライバシーポリシーの内容を変更する場合には、事前にホームページ上にて案内する等、中央福祉人材センターが適当と判断する方法によって、事前に利用者にお知らせいたします。ただし、予測が不可能な場合や緊急の場合はこの限りではありません。

本規約の変更の変更

中央福祉人材センターは、本規約の内容を利用者に事前に通知することなく変更することができるものとします。この場合、中央福祉人材センターは、福祉のお仕事画面上に掲載する方法により、当該変更の旨を利用者に通知するものとします。利用者は、前項により本規約の変更が行われた場合には、変更後の内容を遵守することをあらかじめ承諾するものとします。